BIOGRAPHY / 略歴


【2010年 ~活動開始~】

大学を中退し2010年に現在の公式HPの前身となる「Hide Art」を自ら立ち上げて活動を開始する.

イラストのダウンロード販売や鉛筆画を中心にした作品制作を始め徐々に活動を広めていきました.


【2012年 ~3Dアートを描き始める~】

2012年頃よりスケッチブック2枚を立てかけた時の角度と錯覚を利用して絵が紙面から飛び出したように見える作品を中心に制作するようになる.

同時に公式HPのデザインも大幅にリニューアルし描くスタイルも少しずつ変化していく.

YouTubeの公式チャンネルは計500万回以上再生されており国内外問わずに3Dアート作品の認知度が広まりました.

アメリカ・イギリス・中国の雑誌にも特集記事が掲載されるなど海外での認知度も上げています.


【2013年~】

夏にかけて福岡・長野・山形で開催された「錯覚ふしぎアート展」にて拡大プリントされた3Dアート作品を展示. 

年末の11月には汐文社より書籍「錯覚体験!!3Dトリックアート」1~3巻が刊行されました.(累計 14,000部 突破)


【2014年~】

2014年には映画「アメイジング・スパイダーマン2」公開記念の広告作品を制作.

 

テレビ出演やメディア露出が多くなり同年、美濃和紙の里会館にて開催された個展「錯覚3Dアートの世界展」では約12,000人を超える来場者を記録しました.

「企業コラボアート東京2014」にてハローキティ40周年を記念して「3Dアート×ハローキティ」のコラボ作品も制作.

 

年末には読売テレビ系列にて3Dアートを描き始めるきっかけから書籍の制作までを追ったドキュメンタリー特集「3Dアートで世界へ~」が放送されました.

金の星社より3Dアート絵本「ふしぎなかいだん」を刊行. (累計 20,000部 突破)


【2015年~】

SNS広告としてコーヒーブランド・ジョージア「エメラルドマウンテン」の広告作品を制作.

展示活動はバレンタインとコラボした個展を開催したり、グランフロント大阪で「3Dアート×3Dテクノロジー展」を開催するなど規模を拡大する.

 

夏には3Dアートも展示された「錯覚体験!ふしぎワールド」が名古屋市科学館にて開催され10万人以上の来場者を記録.

年末にはDAIKENとの企画で「永井 秀幸 錯覚3Dアート展」を開催し東京・大阪・福岡を巡回し好評を得ました.

10月には教育画劇より紙芝居「ひとつめこぞうとぼうしさがし」を刊行.



【2016年~】

2月~3月にかけて静岡伊勢丹にて「永井秀幸 錯覚3Dアート展」を開催し会場にて実際に作品を制作するライブドローイングを実施.

5月より公開された「HK 変態仮面 アブノーマルクライシス」のプロモーション用の3Dアート作品を制作. SNS上などで同作品のメイキング動画が掲載されました.

 

6月には金の星社より3Dアート絵本「ひみつのちかしつ」を刊行.

7月~9月にかけて夏期間には広島のウッドワン美術館にて「永井秀幸 3Dアートと絵本原画展」を開催.

同展では初披露する絵本の原画を中心に作品が展示され、約10,000人以上の来場者を記録しました.

 

NHK「ハートネットTV」で障害者のある方がつづった詩に込められた思いをもとに制作された3Dアート作品「オオカミ男」のドキュメンタリーが放送されスタジオにゲスト出演.